From Southern

サザンカンパニーからの月イチコラムです。
書いているのはサザンカンパニーのスタッフ、写真やイラストは、サザンカンパニーと関わりのある方に依頼しています。

第5回「机を離れて見える、大切なもの」


仕事の関係で、東京ビッグサイトにて開催中の『国際福祉機器展H.C.R 2006』へ行ってきました。

自分達のデザインした冊子が、会場内のどこの位置に、どのように置かれているのか、来場者の反応はどうなのかということが気になり毎年イベントの様子を見に行きます。

私が訪れた初日の午前中はあいにくの雨でしたが、たくさんの人が来場されていました。 場内は様々な機器が用途によって分類されており、分かりやすく仕切られています。

今回の私たちの仕事は出展する側と来場される方とを繋ぐ役割を果たさなければなりません。

私たちがデザインした冊子も、読みやすく、分りやすく出来ているでしょうか。 「機器を選ぶ、使う、どこで?、誰が?、どのように?」という問いのお役に立てているでしょうか。 冊子を手に取り購入される方、いったん置かれる方など様々でしたが、ありがたいことに反応は悪くないように見えました。

このように利用される方の反応や実際の商品を自分の目で見ることができる場はとても貴重です。 依頼してくださるクライアントの方々の要望をもっともっと理解できるよう、時には机を離れてあちこち出向いて行きたいと思います。 (デザイナー/江村)