投扇興と東八拳

投扇興と東八拳
お江戸の遊びを現代の神楽坂で。
投扇興とはお座敷遊びの一つで、台の上にある蝶と呼ばれる的をめがけて扇子を投げます。そして扇子の落ち方を源氏物語の54帖にたとえて得点を決めます。東八拳はジャンケンと同じように、狐・鉄砲・庄屋の3すくみで勝ち負けが決まります。会場は神楽坂下の名店「志満金」。このイベントは開催されるたびに大盛況。着物姿で来られる方も多く、華やいだ雰囲気の中で行われます。サザンカンパニーでお手伝いをしているのは投扇興だけですが、伝統文化に触れられるのが素晴らしいです。

※毎年まち飛びフェスタの時期に開催



一覧へ戻る